米国インフルエンザ

爆発的インフルエンザ感染

2月1日までの1週間だけで罹病者数は400万人増え、今シーズンの罹病者は合計で2200万人

死者は1万2000人…

これは、今世界を震撼させているコロナウイルス肺炎の話ではありません。実は「インフルエンザ」のアメリカでの現状です。

アメリカでは、1月の中旬になって急激にインフルエンザが猛威を振るい始めました。

コロナウイルス肺炎の死者が2000人を超えたことで、私たちはパニックに陥っていますが、アメリカではその10数倍もの人々がインフルエンザによって亡くなっています。

コロナウィルスという新しい病気に目を奪われているうちに、足をすくわれたような気分になります。

死亡者数は1万2000~3万人と推定

アメリカ疾病対策センター(CDC)は、昨年10月1日以降2月1日までの間に、アメリカ国内で合計2200万~3100万人がインフルエンザにかかり、来院は1000万~1500万件、入院件数は21万~37万人、死亡者は1万2000~3万人となったと推定しています。

数に開きがあるのは、「インフルエンザでは、罹病ケースを完全に監視することは不可能なため」という。

この背景には、アメリカは日本のような皆保険ではなく、医療機関の受診には高い費用が伴います。「風邪で外来受診すると5万円」レベルの自己負担が一般的であるため、一般庶民は風邪をひくと「たぶんインフルだな、流行っているし」と自己判断で自宅療養するケースが多いです。

また、職場も「病院受診や診断書は不要、自己申告で病休可能」が主流です。

そのため、 数に開きがあるのは、「インフルエンザでは、罹病ケースを完全に監視することは不可能」ということになります。

インフルエンザは聞き慣れた病気だし予防接種もあるではないかと、軽く見過ごされがちです。

しかし、CDCでは、アメリカでは例年1万2000~5万6000人がインフルエンザで死亡するとしており。2017年〜2018年シーズンは何と6万1000人もの死者が出ました。場合によっては、コロナウイルス肺炎よりも注意を要する病気と言えます。

ニューヨーク・タイムズ紙は1月上旬から、「今シーズンのインフルエンザシーズンは悲惨になる可能性があるとCDCが警告」とする記事を掲載していました。

アメリカはワクチン大国としても有名です。

日本人のインフルエンザ予防接種実施率は49%(2016–17年)ですが、

アメリカの予防接種実施率は62.6%(2018-2019)まで上昇しています。いちばん実施率が高い年齢グループは0~4歳児で、73.4%です。

インフルエンザワクチンの接種率が高いのにも関わらず、インフルエンザに罹患・死亡事例がでるほど重症化していることを考えるとワクチンの効果にあまり期待できない…

と感じる方も多いと思います。

つまるところ、最後にはご自身にの免疫力にかかっております。

新型コロナウィルスもインフルエンザウィルスも考え方は同じです。

ワクチンやマスク、手指消毒アルコールは簡便で、頼りにするのは理解できますが、ご自身の身体の内側に耳を傾けてください。

COCONでは、『栄養医学指導師』『メディカルサプリメント指導師』による免疫力活性生活指導・講演会等も行っております。ご興味のある方はご連絡ください。

関連記事

  1. 鮭(サーモン)と養殖について

  2. アマビエ

  3. 砂糖の弊害は嘘じゃない

  4. 呼吸の重要性

  5. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  6. 小麦製品に要注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。