5Gとコロナウィルス

4月1日ということで、まだ、エビデンスが確立していない5Gに関してのお話です。

トーマス・コーウェン博士のビデオの翻訳を以下に紹介させて頂きます。

*****

さて、私の持ち時間はあと10分あります。ここまで辿りつけるかどうか分かりませんでしたが、ここでコロナウィルス全般について触れずにはいられません。もし皆さんが話を聞きたいならですが。(聴衆から聞きたいという声)そうですね。繰り返しになりますが、もしルドルフ・シュタイナーを知っていたら、この試練への答えをご存じでしょうが、それでも具体的に解明しなければなりません。
1918年に最大のパンデミックであるスペイン風邪が大流行した後で、シュタイナーはそれがどういうことだったのかと聞かれました。シュタイナーはこう答えました。「ウィルスは単純に、我々の細胞の有毒な排泄物です。ウィルスは我々のDNAやRNAの破片がいくつかのたんぱく質と共に細胞から排出されたものなのです。こうしたことは細胞が毒に侵されると起こります。何も原因はないのです」と。
まず最初に考えてください。皆さんが著名なイルカのドクターで何百年、というか長期にわたり北極圏でイルカの研究をしてきたとします。イルカは健康でしたが、ある時電話がかかってきて「フレッド、たくさんのイルカが北極圏で死んでいる。調査に来てくれないか」と頼まれます。その時に質問を一つするとします。皆さん、手を挙げてください。「遺伝子構造を調べるためにイルカを診たい」という人は何人いますか?誰もいないですね。くだらない質問でした。それでは「このイルカとあのイルカがウィルスを持っているかを調べさせてください。伝染病かもしれませんから」と言う人は?あちらの男性ですね。それでは、このような表現で失礼しますが「この水に誰か糞をしましたか?」という質問です。エクソンバルディーズ号の原油流出のようにです。誰かいますか?全員ですね。そうです。それが起こったことでした。細胞が毒に侵されて、自ら浄化するために我々がウィルスと呼ぶ破片を排泄したのです。
現在のウィルス理論であるエクソソームやアメリカ国立衛生研究所の所長がウィルスの複雑さについて述べている最新のトークを見ていただくと、ウィルスは何者かという現在の考え方と今の話が完全に一致していることが分かります。私が子どもの頃の話で、まさに当てはまる話があります。子供の頃、家の外には湿地帯がありました。カエルが湿地帯いっぱいに住んでいて夜になると陸に上がって来るため、窓をテープで目張りしなければなりませんでした。春になると大騒ぎでしたが、そのうちにカエルは全部いなくなったのです。遺伝病だったと思う人はいますか?カエルがウィルスに罹ったと思う人は?誰かが殺虫剤を水に入れたのだと思う人は?それが起きたのです。病気は被毒です。ワクチンの理由も、、、これはちょっと飛ばします。
それでは、1918年になにが起こったのでしょうか。過去150年に起きた大きなパンデミックの時は毎回、地球の帯電による量子飛躍(クォンタムリープ)があったのです。1918年、1917年の晩秋には、電波が世界中に導入されました。生体系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りはいわば仮死状態になるのです。興味深いことにその生体の寿命は延びるのですが、病状は悪化します。その後第二次世界大戦が始まり、次のパンデミックはレーダー機器の導入で世界中が覆われた時でした。地球全体がレーダー場で覆われたのです。人類は初めてそのような状態にさらされました。1968年は香港風邪でした。その時、地球は初めてバンアレン帯という保護領域を持ちました。これは要するに太陽や月、木星、その他の惑星からの宇宙場を統合し、地球に住む生命体にまき散らすのです。人類は放射能を排出する周波数の衛星をバンアレン帯の内側に配置し、その後6か月以内にウィルスによる新たなパンデミックが発生しました。ウィルス性とされた理由は、人が被毒したし、毒を排出してウィルスのように見えたのでインフルエンザによるパンデミックだと考えたのです。
1918年のパンデミックの際は、ボストン保健局が伝染性を調査することにしました。信じられないような話ですか、彼らは何百人ものインフルエンザ患者の鼻水を吸い出し、これをまだ罹っていない健康な人に接種したのです。ですが接種された人で、具合が悪くなる人は一人もいませんでした。これを何度も何度も繰り返しましたが、伝染病であることを実証出来なかったのです。.馬でも試しました。明らかにスペイン風邪にかかっている馬の頭に袋を被せ、馬が袋の中でくしゃみをしたら同じ袋を次の馬に被せるということをやりましたが、病気になった馬は一頭もいませんでした。アーサー・フィルステンバーグの「見えない虹」(Arthur Firstenberg ” The Invisible Rainbow”) という本にこのことが書かれていますので、興味のある方はお読みください。地球の電化を年代順に一つずつ追って行き、どのようにして半年以内にインフルエンザの新しいパンデミックが世界中で発生したかが書いてあります。普通はどう説明するでしょうか。どのようにカンザスから2週間で南アフリカに到達するでしょうか。世界中で同時に、同じ症状が現れたのです。当時の移動手段は馬や船であったにも関わらずです。説明はなく、何が起きたか分からない、とだけ述べられました。しかし考えてみてください。皆さんのポケットに入っていたり、手首に付けている機器の電波や周波数を使って、日本へ瞬時に信号を送り届けることが出来ますね。
信じない方がいるかもしれませんが、我々は電磁場に囲まれており、秒速で世界中とコミュニケーションが取れるのです。ただ注意を払っていないだけなのです。ここで最後に指摘したいと思います。地球の電化という劇的な量子飛躍が過去6か月の間にありました。皆さんよくご存じですね。5Gと呼ばれています。今では放射線を発する衛星が2万個もあります。同じように放射線を発する物は皆さんのポケットや手首にもあり、いつも使っていますね。それは健康にはそぐいません。このように言うのは申し訳ありませんが、健康にはよくないのです。それは水の構造を破壊する機器です。皆さんの中に、そうは言っても我々は電気的な存在ではないし、ただの物質だという人がいたら、その人は心電図や皮膚電位図、あるいは神経伝達検査には構わないでください。我々は電化した存在であり、化学物資は電気的刺激によるただの副産物なのです。
最後に質問するので当ててください。世界で初めて5Gで完全に覆われた都市があります。それはどこでしょうか。(聴衆から「武漢」という答え)その通りです。ですから、こうしたことを考え始めると我々は今、実存的危機に直面しています。人類がいまだかつて出会ったことのないものです。ここで旧約聖書のような予言をするつもりはありませんが、これは未曽有の出来事です。何百、何千という衛星が地球を覆い尽くしているのです。
ところで先ほど言おうとしたのですが、これはワクチンの質問とも実は関係があります。こうしたことを思い知らされた出来事がありました。一年ほど前に私のところにある患者が来ました。まったく健康で、サーファーでブローカーもしていました。そして、電気技師として裕福な人のためにWi-Fiシステムを設置する仕事もしていました。電気技師の死亡率は非常に高いのです。でも彼は元気でした。ところがある時、腕に怪我をしたので金属プレートを腕に入れました。その3か月後、男性はベッドから起き上がることが出来なくなり、不整脈も出て完全に崩壊してしまいました。影響を受け易いかどうかは体に入っている金属の量と、細胞内の水質と関係があります。人にアルミニウムを接種すると、接種された人は増加した電磁場を吸収する受容体となるのです。これがまさに今、我々が体験している、種の荒廃ともいうべき大混乱です。
最後にもう一つ、ルドルフ・シュタイナーの言葉を引用したいと思います。ちなみにこれが書かれたのは1917年頃で、今とは違う時代です。「電気的な存在がなかった時代、大気に電気的影響が渦巻いていなかった頃」この話は1917年のことです。「人間でいることはたやすかった。それだけに今、とにかく人間でいるためには、百年前と比べてはるかに強く霊的能力を伸ばすことが必要である。」霊的能力を高めるにはどうしたらよいかということは皆さんに委ねたいと思います。今の時代、人間でいることほど難しいことはありません。ご清聴ありがとうございました。

*****

体内の金属、と言うとあなたは何を思い出しますか?

人工関節? 骨折した骨を止めるプレートやボルト? ペースメーカー?

もっと身近なものがあります。

それは、歯の詰め物や銀歯

意外なところで、アルミ缶飲料、加熱式合成電子タバコによる金属の摂取があります。

また日本では1967年より水道にポリ塩化アルミニウムが水の浄化のために用いられるようになっています。

マイクロ波による健康被害は以前から懸念されています。

体内に金属がある状態なら、電磁波過敏症が重症化する可能性は非常に高く感じられます。

しかし、これらの相互関係は医療者には理解しがたいものです。

なぜなら医療系の学校で電波工学を学ぶことがまず無いから…

医療者や研究者がこれらの相互関係を真摯に受けとめなければ研究しようとも思わないので、エビデンスは生まれません。

医学的根拠(エビデンス)が明確でない予防法・治療法は認められないのが現状です。

だから

コロナ発生国と5G展開国が一致していたのも全く関係ないですし、

5G展開が最も集中している地域(ミラノ近郊)で、コロナウイルスの症例が最も集中しているのも人口密集度が違うからですし、

北海道内で感染者が爆発的に広がった、北海道雪まつり会場で5Gのテストが行われていたことも偶然ですし、

昨年10月武漢省で5Gを導入。その二か月後、新型コロナウイルス が蔓延したのもたまたま。

ダイアモンド・プリンセス号のWiFiは、SES衛星(ミリ波=5G)を使用していたことも偶然。

 
韓国は世界一5Gが多い都市(2位中国、3位アメリカ)。イタリアはヨーロッパで最初に5G開始していたことも無関係。

トランプ大統領の自宅や不動産物件とイスラエルでは5Gの導入は行わないのも偶然ですよね。

5Gで使用される 60GHz周波数帯は酸素分子を吸収するスペクトルであり。分子レベルで電子の軌道を狂わせ、血液中のヘモグロビンと酸素の結合能力を阻害。つまり酸欠状態になること、新型コロナによる肺炎が放射線誘導性の肺損傷に似ていることも全く関係がありませんよね。

最近は、暗い話ばかり目立ちますが、各々が自身の在り方、健康のありがたみを考える良い機会だと思い行動してみましょう。

関連記事

  1. 自粛とお菓子づくり

  2. 砂糖の弊害は嘘じゃない

  3. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  4. 妊娠糖尿病

  5. インフルエンザ②

  6. 倦怠感と銀歯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。