ビタミンDと認知症リスク

ビタミンD欠乏とは、一般的に血清25ヒドロキシビタミンD(25OHビタミンD)が20ng/ml未満と定義されています。

その半分の10ng/ml未満は、重度ビタミンD欠乏と言えます。

50歳以上の日本人女性の半数は20ng/ml未満と言われています。以下の人は要注意です。

①室内にいることが多い人

②過剰に日焼けを避ける人

③ガラス越しに日光浴をする人

④鯖や鮭をあまり摂取しない人

こちらの研究は、ビタミンD濃度が低いことが、様々な認知症およびアルツハイマー病のリスクの増加に関連しているかどうかを調べたものです。

158名の高齢者を対象にしました。

5.6年間の平均追跡期間中に、参加者171人がアルツハイマー病を含む認知症を発症しました。

ビタミンD欠乏症が認知症とアルツハイマー病の発症リスクの大幅な増加に関連していることが示唆されました。

Littlejohns, T. J., et al. Vitamin D and the risk of dementia and Alzheimer disease. Neurology, 2014

高齢者ではビタミンD欠乏症が高率であることを考えると、これは気をつけなければいけない問題です。

アルツハイマー病をはじめとする認知症において、脳細胞内のアミロイド斑の形成が一つの要因とされていますが、ビタミンDはマクロファージを刺激することによりアミロイド斑の食作用クリアランスを増加させます。

つまり、ビタミンDは脳細胞内のゴミを食べてくれるマクロファージを活性化してくれます。

Masoumi A, et al. 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3 interacts with curcuminoids to stimulate amyloid-beta clearance by macrophages of Alzheimer’s disease patients. J Alzheimers Dis 2009

そして、ビタミンDは皮質ニューロンのアミロイド誘発性細胞毒性とアポトーシス(細胞死)を減らします。

つまり、ビタミンDは脳細胞の細胞死を間接的に減らしてくれます。

ビタミンD受容体(ビタミンDの受け取り口)は、海馬や歯状回などの記憶に関与する領域を含む、脳全体に発現しています。

またラットの研究ではありますが、ビタミンDの補給は、加齢に伴うラットの学習と記憶の加齢に伴う低下を改善します。

Briones, T. L., & Darwish, H. Vitamin D mitigates age-related cognitive decline through the modulation of pro-inflammatory state and decrease in amyloid burden. Journal of neuroinflammation, 2012;9(1): 244.

最期に、高齢者318人を対象とした横断研究では、25(OH)D欠乏が白質高信号量の増加(脳細胞の炎症)と大血管梗塞(脳梗塞)の数の増加に関連していることがわかりました。

Buell, J. S., et al. 25-Hydroxyvitamin D, dementia, and cerebrovascular pathology in elders receiving home services. Neurology, 2010;74(1): 18-26.

つまり、ビタミンD欠乏は、脳血管性とアルツハイマー型、両方の認知症のリスク因子と言えます。

認知症予防において、日光を浴びることは大切です。

ビタミンDは、食べ物では椎茸、鯖・鮭(サーモン)が有名ですね。

夏だからと言って日焼けを避けるばかりでなく、日光に当たって過ごす日も大切です。

関連記事

  1. 米国インフルエンザ

  2. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  3. 正しい歯科予防

  4. 5Gとコロナウィルス

  5. マグネシウム不足

  6. 次亜塩素酸について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。