気象病とは

台風、季節の変わり目による低気圧によって、頭痛、腰痛、肩こり、耳鳴り、めまい、吐き気がしたり、関節や古傷が痛くなったりすることがあります。

このような症状を気象病と呼びます。

特に女性の70%は、天候の変化による体調不良や精神面の不調に悩まされることが多いと言われています。

様々な症状がありますが、

頭痛や肩こり、腰痛、持病、古傷、ムチウチ、リウマチなどで気づく方もいれば、

なんだか身体がだるいなあ、重いなあ、やる気でないな…と感づく方もいます。

そんな雨や台風、梅雨、秋雨はどのような状態が起こっているのか?

そしてどのような体への影響があるのか?

知っているのと、知らないのでは過ごし方に違いがでます。

気象病の主な原因

ずばり「気圧の変化」です。

これにより内耳圧の変化、気圧低下による血管拡張・神経圧迫、低気圧による酸素量の減少が挙げられます。

これらによって身体はストレスを感じ、それに抵抗する形で自律神経が活発化。人によってはうまく調整が効かなくなります。

交感神経が活発になりすぎると痛みを感じ、

副交感神経が活発になりすぎるとだるく眠くなります。

特に耳の中、鼓膜の奥にある「内耳」という器官が敏感だと気象病になりやすいのではと言われています。

乗り物酔いしやすい人は、特にこの内耳が敏感なため、気象病にも悩んでいる方が多いようです。

予防

予防のためには、まずは自律神経系のバランスを整えること。

適度に体を動かすこと、最も大切なことは起床時刻はなるべく一定にすること。

これらを意識してストレスをかけすぎない生活を心掛けてみましょう。

また、耳の血流をよくするために耳のマッサージも有効です。

関連記事

  1. リンゴの皮と実とネオニコチノイド系農薬

  2. 気象病 -水分-

  3. 2. 洗浄剤

  4. 1. 空気清浄

  5. レムデシビルなど4薬効果なし

  6. 5. 食事にフィッシュオイルを加えて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。