嗽津(そうつ)

中国の孫真人の養生法に、嗽津(そうつ)といって、唾液を飲み込む健康法があります。

唾液を飲み込むことによって、皮膚と粘膜の潤沢が良くなり、美容効果もあり、中国では、「唾液一口は千金にも値す」という言葉があるほど、漢方医学の中で、唾液はこの上なく貴重な宝となっています。

唾液を大量に分泌するには、舌回しが有効のです。

舌回しの方法

①口を軽く閉じて、舌を歯と唇の間に出して、歯の外側を上、左、下、右の順に12回回したあと唾液を飲み込む。

②反対方向に12回回したあと唾液を飲み込む。

③舌を歯の内側に戻して、上、左、下、右の順に12回回したあと、唾液を飲み込む。

④更に反対の方向に回したあと唾液を飲み込む。

※飲み込む際に、唾液が丹田(臍下の小腹部)まで届くようにイメージする。

この運動は胃腸機能の改善、体力の充実に効果があります。

唾液は口の中をうるおすだけでなく、口腔内の細菌の増殖を抑え、口臭、虫歯、歯周病などさまざまなトラブルから私たちを守っています。

唾液は、99%以上が水分、残りの1%ほどに抗菌、免疫、消化などに関わる重要な成分を含みます。

その他にも舌まわしをすることで…

・引き締まった輪郭の小顔が実現。

・ほうれい線やシワが消える。

・肌悩みが解消され美肌になる。

・目元がすっきりして若々しくなる。

・睡眠中のいびきの改善。

・虫歯・口臭など口トラブル予防。

・体中のアンチエイジング効果。

・痩せやすい体質へと改善とあります。

関連記事

  1. リンゴの皮と実とネオニコチノイド系農薬

  2. 現代の毒は「脂肪」にたまる

  3. お酒を飲める人・飲めない人の違いは?

  4. 呼吸の重要性

  5. 1. 空気清浄

  6. 気象病 -気圧-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。