新型コロナワクチンの行方

通常のワクチン開発は治験を行いながらなので安全性を考えれば完成まで10年はかかります。

新型コロナワクチンそのものが証明されず、「机上の空論」で作られたワクチンに関しての報告です。

以下、抜粋と翻訳加筆。

米国ではとうとうワクチンの接種が始まりました。先づは医療従事者からですがこれが今日のニュース。

『ファイザーのワクチンを打った医療従事者が、その後入院』

アラスカの女性医療従事者は、ファイザーの武漢コロナウイルスワクチンの初回投与に対して「深刻な」アレルギー反応を起こした後、水曜日に入院しました。「その人は水曜日の朝、監視下でまだ入院していた」とニューヨークタイムズ紙は報じている。「政府当局者は水曜日に事件についてもっと知るために争っていた。労働者は薬物アレルギーの病歴がなかったが、他の種類のアレルギーに苦しんでいたかどうかは不明であった。今週の初めに、2回のフォローアップ投与を必要とするワクチンの最初の投与が全国の医療従事者に配布されました。

ロイターでは最近、臨床試験中にいくつかの副作用を報告しました。

「FDAのスタッフは、ワクチンの試験における深刻な副作用は、研究で観察されたのと同様の頻度で一般集団で発生する医学的事象を表していると述べました。FDAは、ワクチンがベル麻痺の一因となっている可能性を指摘しました。 」

ファイザー試験の参加者からも報告されたタイプの顔面麻痺述べています。

「モデルナはベル麻痺の4例を報告しました。そのうち3例はワクチン接種者で、1例はプラセボグループでした。同社は3例が自然に解決したと述べました。FDAはベル麻痺の試験参加者には素因があると述べましたが 、「顔面麻痺のこれらのイベントの症状に対するワクチンの潜在的な貢献を排除することはできません。」ファイザーは、ワクチン群の4例を含む、ベル麻痺の6例を報告しました。

関連記事

  1. 3. 海外はコロナでたくさん死んでる?

  2. 7. 「ID2020」を知っておこう

  3. 9. 新生活様式に科学的根拠はない

  4. 1. 日本はコロナを怖がりすぎ?

  5. 8. 自粛はスーパーシティへの布石?

  6. チメロサールと水銀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。