痛み!しびれ!坐骨神経痛の原因についての考察

腰痛の症状の一つに座骨神経痛があります。

坐骨神経痛の治療というと、一般的には

痛み止めで痛みを取る、電気刺激や温熱療法、リハビリをして筋肉を強化するなどの治療が多いです。

しかし

根本的な原因を見つけることができれば、痛みや痺れは取り除くことができますし
無駄な手術をしなくてもいいわけです。

一般的に座骨神経痛といえば、脊柱管狭窄症とか椎間板ヘルニアがあるから
痛みや痺れが出てると考えられています。

しかし、真実は意外とそうではないんです。

私たちの徒手でも、改善できる可能性があります。

手術をせず、薬も使わず、出血もなく、痛みもなく効果が期待できるのであれば、あなたはどうしますか?

あなたに、この情報をお伝えします。

今回お話しするのは
太ももの外側の痛みと痺れが
出ている人に関してです。

ここの痛みを訴える方もすごく多いですよね。

たとえば歩くとき、立ち上がった瞬間に
ピキッと痛みが走る。

そんな患者さんにぜひ見て欲しいポイントがあります。

それは大殿筋の付着部です。

なぜここが痛みの原因か?

大殿筋が硬くなると、太ももの外側に存在する大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)という筋肉も硬くなってしまいます。

この筋肉が硬くなると
太ももの外側に痛みを出してしまうため、座骨神経痛と間違われることがあります。

そうです、間違えられることがあるのです。

そのため、大殿筋を深部までリリースすることができれば、坐骨神経症状が改善する可能性があります。

もちろん、坐骨神経痛という『結果』の『原因』は多岐に渡ります。

まずは一度、腰痛専門整体院 古今〜COCON〜のカウンセリングをお受けください。

電話でのご相談も随時お受けしております。

関連記事

  1. あなたは肩の痛みの原因は、そこじゃない!

  2. 腰痛と大腰筋

  3. 一瞬で背中の張り感を取り除く方法『脊柱起立筋リリース』

  4. 朝起きてから首が痛い!寝違えたときの、治療方法

  5. 頭部の位置異常から全身へ

  6. 信じられないほど結果の出る、驚愕の圧迫骨折の治療法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。