断食により、肌のサーカディアンリズムが整う

肌のサーカディアンリズム

断食が肌に与る影響に一つがサーカディアンリズムの調整です。

サーカディアンリズムとは睡眠・覚醒サイクルを表し、起床・就寝時間を知らせるいわば脳内時計(体内時計)です。

このリズムは主に日光や照明など光の影響を受けますが、食事時間にも左右されます。

昨今の研究で判明してきましたが、どうやら、脂肪組織や皮膚など、体内の他の器官や組織も概日時計に合わせて動いているようです。

皮膚内でサーカディアンリズムに関わる特定の遺伝子が、断食期間中に活性化することを示す研究もあります。

しかし、それが皮膚にどのような影響を与えるのかはまだ完全には解明されていません。

一つ考えられるのは、体のサイクルを正常なサーカディアンリズムに合わせるような方法で断食を行えば、免疫系を調節して炎症を抑えることができる可能性があります。

関連記事

  1. 「農薬は洗えば落ちる」は本当か?

  2. 認知症やパーキンソン病に重大な影響を与える咀嚼回数の減少の問…

  3. 断食期間中と断食後の注意すべきヘルスケアに関して

  4. 気象病とは

  5. 断食を行うことで、肌のバリア機能と保湿に影響がでる

  6. 気象病 -気圧-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。