難病であるパーキンソン病を自然に管理する方法

Doctor talking to elderly patient in serene location

パーキンソン病に向き合う方が、健康をはじめ、幸福感や充実感をできるだけ得られるように、医学は日々進歩しています。この記事では、パーキンソン病の概要と管理方法の他、自然な形で治療結果を向上させる方法など、パーキンソン病に関して知っておきたい基礎知識について解説します。

パーキンソン病とは

パーキンソン病は、世界人口の約1%が罹患している神経変性疾患であり、筋骨格系(字を書くなど手や指を使った微細運動と歩く、走る、跳ぶといった粗大運動のコントロール)、自律神経系、消化器系、気分、認知機能など、全身に影響を及ぼします。

パーキンソン病の症状は、運動症状と非運動症状に大別されます。

過去数十年で、この疾患への理解は大きく前進したと言えるでしょう。

かつて、脳の黒質(中脳の一部を占める神経核)におけるドーパミン(またはドパミン)作動性ニューロンの欠乏および振戦(しんせん。手足の震え)程度の解釈であったパーキンソン病は、今では中枢神経系組織に変化が認められる何年も前に始まる全身疾患であることが明らかになりました。

ドーパミンの他にも複数の神経伝達物質に影響を及ぼすパーキンソン病は、高度に進行すると、慢性炎症、細胞損傷、タンパク質の糖化、高血糖、寡動・無動(動きが鈍くなる)、食欲不振による食生活の乱れなどにつながるとされています。

いかにも厄介な症状ばかりですが、これはつまり、パーキンソン病のリスクを減らしたり、既に発症している場合は症状を抑えるために、科学的根拠に基づいて自然に生活習慣の見直しを図れる方法が多数あるということです。

健康とは、医師が管理するのではなく、日々の生活で作られるものです。

毎日の食卓はもちろん、スポーツジムや家庭での選択が健康に大きく影響するからこそ、それをうまく利用すれば、パーキンソン病など多くの疾患を改善できるかもしれません。

そこで今回は、パーキンソン病の転帰(症状経過)を改善することが証明されている有望かつ簡単な治療介入についてご説明しましょう。

関連記事

  1. アマビエ

  2. 次亜塩素酸について

  3. 米国インフルエンザ

  4. 難病であるパーキンソン病を自然に管理する方法①

  5. 生まれた時間で決まる性格

  6. あざの治し方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。