難病であるパーキンソン病を自然に管理する方法②

パーキンソン病治療薬の効果を最大限に引き出す栄養摂取方法

経口パーキンソン病治療薬への反応を最大限に高める方法がいくつもあります。

まず、薬の消化・吸収が十分に行われていることを確かめましょう。

特にパーキンソン病治療薬については、自分に合った服薬計画を立てる際に考慮したい栄養上のポイントがいくつかあります。

1. パーキンソン病治療薬は、食事ではなく、少量のおやつ・軽食と共に服用

ドーパミン作動薬は、高脂質・高タンパクの食事と共に服用しないようにしましょう。

これは、アミノ酸とペプチド(タンパク質はアミノ酸で構成され、アミノ酸が数個つながったものがペプチド)が、血液脳関門で吸収されようと競い合うためです。

また、食事の量が多いと胃酸が薄まりやすくなり、薬剤の血流への吸収が遅れがちです。

例えば、大きなステーキを食べながらドーパミン作動薬を服用しても、リンゴのような低タンパク質のおやつと共に服用した時ほど吸収されません。

このように、パーキンソン病患者は、ドーパミン作動薬服用時のタンパク質摂取を避けなければならないため、慎重に1日の総タンパク質量を確保して最適な栄養状態を維持する必要があります。

タンパク質は、体の治癒、組織の修復、血糖値のバランスなどを助ける上で重要な役割を果たします。

そのため、自然療法医や管理栄養士などに相談して、薬の吸収力を高めながら最適な栄養状態を保つ方法を指導してもらうと良いでしょう。

私がパーキンソン病患者に勧めている方法には、食事の時間を調整すること、食間にプロテインシェイクを飲むこと、1日を通して少量ずつ頻繁におやつを食べること、コラーゲンパウダーを飲み物に入れ、薬と一緒に飲まないことなどがあります。

関連記事

  1. 新型コロナウィルスから身を守る10の方法

  2. 生まれた時間で決まる性格

  3. 妊娠糖尿病

  4. 5Gとコロナウィルス

  5. 難病であるパーキンソン病を自然に管理する方法

  6. あざの治し方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。