腰痛の治療で、注目すべきは骨盤の動きです

腰痛の治療で知っておく必要があること、、、

それはずばり、

『骨盤の前傾と後傾』

です

腰に痛みのない状態の人は、骨盤が軽く前方に

傾斜しています。

しかし

痛みのある人ほとんどは、いわゆる

『反り腰』の人が多いです。

つまり、この骨盤の傾斜角度を調整することが、腰痛治療には必須です。

ここまでは、本やメディアなどでも得られる

情報なので、一般的にも広く知られていると

思います。

しかし、この骨盤の傾斜角度を適切に正す方法は

意外と知られていません。

日常生活の中で、『骨盤の傾斜角度』を正そうと

意識しても無理です。

人間の集中力は、そこまで続きません

そこで、重要なのが意識をしなくても適切な

骨盤の傾斜角度にできている状況を

作り出すことです。

そのために、筋や筋膜の調整が必要なのです。

簡単な方法として

『大腰筋』の調整があります。

大腰筋は、お腹の奥にある筋肉で、腰椎に付着する

筋肉です。

つまり、大腰筋の調整をすると腰椎の調整に

結ぶつき、運動連鎖の関係で骨盤の調整が

できます。

大腰筋リリースの簡単な方法は、

前回のブログにも記載してあるので

ご参照ください。

当院にお越しのお客さんも、この大腰筋の影響で

腰を痛めている事が多いです。

そのため、自主トレーニグとして様々な

『大腰筋リリース』をお伝えすることが多いです。

この自主トレーニングが定着すれば、無意識に

骨盤の調整が行えるので、骨盤の前傾角度・反り腰

も改善されていきます。

ぜひ、

みなさんも試してみて下さい。

痛みだけでなく、

運動機能にも高められるので、

みなさんも是非試してみてみてください。

きっと痛みの治せない原因が

そこにあるかもしれません。

次回も
痛みに関してまた
お伝えしていきたいと思います。

腰痛専門整体院 古今〜COCON〜

院長 保科渡

関連記事

  1. COCONにおける、慢性腰痛の考え方

  2. 99%の人が知らない!椎間板ヘルニアには、脇の下を治療するこ…

  3. 腰痛の治療で大切なこと『アウトフレア』ってなあに?

  4. 痛み!しびれ!坐骨神経痛の原因についての考察

  5. 腰痛と大腰筋

  6. 一瞬で背中の張り感を取り除く方法『脊柱起立筋リリース』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。