全身がゆるゆるになる『僧帽筋アプローチ』

本日は僧帽筋アプローチについてです。

なぜ、この『僧帽筋』を狙っていくのかと言うと

肩こりだけにとどまらず、腰痛を始めとする全身の

筋緊張に関与しているからです。


ここをアプローチするだけで、全身に影響を

及ぼすと行っても過言ではありません

方法としては、 筋膜のつながりを使って

あっさりと簡単に僧帽筋を緩めていきます。


今回使う筋膜のつながりは

「スーパー・フィシャル・バック・アームライン」
 

通称『SFBAL』を使って緩めていきます。
 

SFBALは

僧帽筋・三角筋
外側筋間中隔
手根伸筋群

 

この筋膜の繋がりの中のどれかを使って
 

僧帽筋を治療するとただのマッサージより

断然に早く緩みます。

 

時間もかからないし

揉み返しなんてこともありません


 

古今で、実際に僧帽筋を緩めていく時は、

ちょっとこれだと使いづらいので

 

ここにもう一つの要素を追加します。

つまり、

『筋膜の繋がり』+αで

治療効果を絶大に引き上げます。
 

ご興味ある方は、一度ご連絡ください。

腰痛専門整体院 古今〜COCON〜

院長 保科渡

関連記事

  1. 腰痛と大腰筋

  2. 肩こり

  3. 腰痛治療家として、結果を出すために大切にしていること

  4. リモートワークと腰痛

  5. 日本整形外科学会公認の腰痛の原因ランキングベスト3

  6. 信じられないほど結果の出る、驚愕の圧迫骨折の治療法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。