99%の人が知らない!椎間板ヘルニアには、脇の下を治療することが大切!

これ知っていますか?

大前提として、腰椎ヘルニアが起こりやすい

部位として、L4・5など腰痛の可動性が強く

求められる部分に起きやすいです。

大切なのは、ヘルニアによって、神経を圧迫して

腰痛や痺れがでている、、、ということでなく

なぜ、その部分にストレスが起きて、ヘルニアに

なっているかと考える必要があります。


これを考えなければ、根本治療になりません

なぜその症状(結果)がでているのか原因を

探していきましょう

答えは

腰椎の動きと頚椎の動きは連動していると

いうことです

脊椎は全て連動していますが、頚椎の動きが

悪くなると腰椎が過剰に動くことになりバランスを

取ろうとします。これをジンクパターンといいます

そのため、筋膜の繋がりの知識を持っていれば

椎間板ヘルニアのような症状に頚椎の治療する

必要性が出てきます。

そして、実は小円筋は

頚椎のある部位と密接な関係性があり

この関係性を知っているのかどうかで

結果の出方が大きく変わってきます。


腰椎ヘルニアには、小円筋!

あまり知られていませんが、効果は絶大です。

ご興味のある方は一度ご連絡ください

腰痛治療専門整体院 古今〜COCON〜

院長 保科渡

関連記事

  1. 一瞬で背中の張り感を取り除く方法『脊柱起立筋リリース』

  2. 頭部の位置異常から全身へ

  3. リモートワークと腰痛

  4. 腰痛の原因は腰ではない!仙腸関節の調整で腰痛を改善する方法

  5. 信じられないほど結果の出る、驚愕の圧迫骨折の治療法とは?

  6. 大腰筋の正しい触診

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。