家族の大切さについて考える

家族は私たちにとって何よりも大切な存在です。おそらく、あなた自身も家族を持っているでしょう。

自分の子供だけでなく、両親や祖父母、一緒に住んでいる動物にも当てはまります。 家族といえば、ケンカもつきものです。

しかし、そのやり取りこそが家族同士のふれあいでもあります。時には心配で家族に声をかけることもあるでしょう。家族は大丈夫だと言いますが、実際は病院に行くことになることもあります。

病院ではなかなかよくなる気配が見えず、さまざまな治療が行われます。しかし、副作用に苦しむ様子を見ると辛くなりますね。それでも、家族がよくなることを願って応援するのは、当然のことかもしれません。

最近の世の中では、人々は常に病気と闘っているような気がします。しかし、過去は本当に病気ばかりだったのでしょうか?

そんな疑問が頭をよぎります。

家族が病気になり、闘い続ける中で、良くなる気配が見えてこないこともあります。医者たちは最終的に治らないことを告げてくることもあるでしょう。

そうなると、医療のおかしさに疑問を感じることもあるかもしれません。

家族を見舞いに行くと、その場所にいていいのかと思うこともあるかもしれません。

入院する前の方が元気だったと感じることもあるでしょう。

しかし、それは素人の感覚かもしれません。家族は自分の死期を悟っているようにも見えますが、まだ死にたくないとも言っているようにも見えます。

自分が絶対によくなると言葉をかけることはできない状況に直面することもあります。帰り道に涙が出ることもあるでしょう。自分たちは何か間違ったことをしてしまったのではないかと思うこともあるかもしれませんが、すぐにその思いを打ち消してしまうこともあるでしょう。

その時の思いを大切にしていれば、こんなことにはならなかったのかもしれません。自分が何も知らなかったし、考えなかったことを痛感することもあるでしょう。 人が死ぬということを理解し、否定はしないでしょう。

しかし、あとからその治療が違うものだったと知ることもあります。家族には感謝の気持ちと謝罪の気持ちを伝えたいと思うでしょう。 しかし、私たちはその罪の重さを背負って生きていかなければならないのかもしれません。

家族との大切な時間を大切にし、今できることを精一杯やり遂げることが大切なのかもしれません。 家族の存在は限りなく尊く、その大切さを改めて感じることができました。私たちは家族とともに生きる喜びと責任を胸に、これからも前向きに歩んでいきましょう。

関連記事

  1. 病院がない方が国民は長生きできるのか

  2. 医療・医者とは何か?

  3. モンサント帝国の野菜支配:食の安全性を脅かす闇の陰謀

  4. 大腸がんについて

  5. LGBTとは何か?

  6. 尿意が増す理由も解説!なぜ、膀胱がんになる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。