インフルエンザワクチンの論争:前橋医師会の調査結果と独自の視点

インフルエンザワクチンについて、前橋医師会のレポートが効果がないと立証したという話があります。

この研究では、ある児童の予防接種事故を契機に前橋市が集団接種を中止し、75000人を対象にした6年間の疫学調査を行いました。

その結果、罹患率が変わらずワクチンが効果を示さないことが証明されたとされています。 この前橋医師会の調査を受けて、日本全国では学校でのインフルエンザワクチンの集団接種が1994年以降中止されました。

この調査は非常に大規模で長期間にわたり、正確な疫学的データが提供されたため、その信頼性は高いと言えます。

一方、厚生労働省は外部のデータを引用し、独自の調査を行っていないため、前橋データよりも小規模で期間も短い統計調査のデータを主張の根拠としています。

また、インフルエンザワクチンが効かないもう一つの科学的な理由として、インフルエンザウイルスが鼻やのどから感染するため、鼻水や唾液中のイミュノグロブリンA(IgA)が感染予防に重要な役割を果たしていると指摘されています。

現行のワクチンではIgA抗体を増やす効果がないため、予防効果が期待できないとされています。 さらに、ワクチンを接種した子供たちと接種していない子供たちを比較した大規模な調査も存在します。この調査では、ワクチンを接種した子供たちの方が、接種していない子供たちよりも2倍から5倍も多くの小児病にかかっていることが明らかになりました。

この調査結果は一般的なメディアでは報じられておらず、WHOや米国疾病管理センター(CDC)などの公的機関や医療専門家団体からの資金援助を受けていない独立した研究によって得られたものです。

関連記事

  1. 梅干しの効果でインフルエンザウイルスを抑制

  2. 砂糖の代替甘味料

  3. 7. 「ID2020」を知っておこう

  4. 小麦製品に要注意

  5. 水の買い占め問題:企業支配の闇と私たちの安全を考える

  6. 鮭(サーモン)と養殖について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。