放射能の脅威:医学的視点から考える放射線の影響と健康リスク

放射能という言葉は、2011年の福島原発事故以降、私たちの意識の中で非常に重要な位置を占めています。

しかし、まだ安全だと主張する人々もいるようですが、放射能は明らかに危険です。

医学の視点から放射線検査を考えてみても、ロバート・メンデルソン医師は、不必要な放射線による遺伝子影響により、アメリカ人の三万人が死亡する可能性があると指摘しています。

実際、日本は世界一のCT保有国であり、その数は他の国を大きく上回っています。 また、マンモグラフィー(乳房X線検査)を行えば行うほど、乳がんの発症率が増加することがわかっています。

さらに、チェルノブイリの事例を見ると、国家調査ではなく民間調査を基にすると、がんの発症は数年後ではなく、それよりも前に精神疾患や免疫不全、新生児の問題が現れる傾向があります。

日本でも、放射能との因果関係が報道され、その兆候が見られるようになりました。 病気に関しては、高汚染地域では事故の翌年から、低汚染地域では4〜5年後から発生することが知られています。

甲状腺がんが最も顕著な症例ですが、放射能の問題は甲状腺がんだけにとどまりません。

実際、甲状腺がんは国際原子力機関(IAEA)が認める指標に過ぎず、直接的な死因として重要なのは実は心臓病です。さらに、汚染地域の子供たちやその後の代においては、先天性奇形や病気の発症率が著しく上昇しており、チェルノブイリでも心臓や中枢神経の異常が、複数の奇形とともに有意に増加していることが分かっています。

放射能の影響は知能の低下や性格の崩壊、意欲の減退などをもたらす可能性もあります。

日本では、放射能被曝のリスクを最小限に抑えるために「食べて応援」といった取り組みが行われていましたが、その結果、家族に認知症などの発症が疑われるケースも報告されています。放射線ホルミシス効果が嘘であることは、勉強した人ならば常識と言えるでしょう。

さらに、日本人はミネラルやビタミン、良質の油の摂取不足であり、糖質の摂り過ぎ、添加物や農薬、乳製品、遺伝子組み換え食品の摂取過多といった状態です。

このような状況において、放射能は私たちにとって最後の痛手となり得るのです。 放射能は私たちの健康と将来に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

私たちは自らの身を守るために、放射線のリスクを真剣に受け止め、適切な情報に基づいた選択をする必要があります。安全対策や健康維持について、専門家のアドバイスを受けながら、放射能から身を守る方法を見つけていきましょう。

関連記事

  1. 気象病 -水分-

  2. 人工甘味料の暗い真実:知能低下や発がん性、食欲中枢の破壊

  3. 脳梗塞になる人、ならない人

  4. 【予防接種の真実】任意接種の歴史から考える

  5. 西洋医学の本質と誤解―対症療法の限界と真の健康への道―

  6. 鮭(サーモン)と養殖について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。