未来への脅威:放射能汚染と子ども世代の未来

放射能汚染による影響は、特に子ども世代に深刻な問題を引き起こす可能性があることが明らかになってきました。

しかし、これについての真実を隠し続けてきたのは、政府や東京電力、関連する権威者やメディアでした。彼らは問題の本質を誤魔化し、被害の拡大を防ぐために不正確な情報を提供してきたのです。

しかし、私たちが本当に心配すべきなのは、今後三世代目以降、つまり私たちの孫やひ孫がどのような未来を迎えるのかということです。

しかしながら、この問題に対する日本人の関心は驚くほど低いようです。

まず、蝶の研究を通じてこの問題を理解しましょう。被災地で採取されたヤマトシジミの研究では、5世代目から異常なピークが現れ、11世代目や13世代目にかけて病気や奇形の子どもが生まれることが示されています。

これを人間の世代と置き換えて考えると、1世代が25年である場合、問題が収束するのは7世代目であり、つまり170~180年後になるということです。

11世代目や13世代目では、さらに270年~330年後の話となります。 人間の場合、チェルノブイリの研究が参考になります。

チェルノブイリでは、三世代目の子どもたちが生まれましたが、彼らの病気や障害の発症率は94%~98%にも上りました。したがって、福島や東北の一部、そして関東の大半の地域で、内部被爆だけでなく外部被爆も受けている人々の子孫は、病気や障害を持って生まれる可能性が高いのです。そして、これは蝶を参考にすると数百年にわたって続くことになります。

この問題はもはや回避することはできません。解毒や予防策に真剣に取り組まない限り、東日本の三世代目以降には明るい未来はありません。しかし、日本人の関心は驚くほど低いのが現状です。それは日本人の本性であり、自分たちが害を受けなければ他のことには無関心であるという考え方が根底にあるからかもしれません。

お金さえあれば何でも解決するという考え方が、日本人の特徴であり、他の国々から見れば劣っていると思われる要因かもしれません。

ただし、フィトケミカルや栄養、思いやり、周波数、ストレス緩和などは、放射能汚染の問題に対して十分な対策とは言えません。

たとえそれらの方法で病気が治癒したとしても、次世代やその次の世代の生物としての異常を防ぐことはできません。放射能汚染は遺伝子に直接的な影響を与え、場合によっては素粒子レベルまで影響を及ぼすのです。

日本人の関心の欠如は、SNSや書籍、講演などでも明らかです。放射能汚染に関して、日本人は他の誰よりも無関心なのかもしれません。

関連記事

  1. 小峰式予防歯科プログラム

  2. 感謝の力―笑顔とありがとうが病気を治す驚きの現象―

  3. 病気を癒す5つの方法―食事、笑い、感謝、呼吸、筋トレで自然治…

  4. インフルエンザ①

  5. 「イギリス、250万人を対象にビタミンDサプリを2021年1…

  6. 腰痛治療で重要になてくる、大殿筋の可能性について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。