大腸がんについて

今回は「大腸がん」についてお話ししたいと思います。

大腸がんの現状

大腸がんは日本で非常に多く増えているがんの一つです。かつてはあまり見られなかったのですが、近年では多くの有名人が大腸がんになったニュースを耳にするようになりました。

大腸がんの発見方法

一般的に、大腸がんは内視鏡検査によって発見されます。内視鏡を使って小さなポリープを見つけ、それを取り除いて検査することでがんが発見されることがあります。しかし、これは症状が進行してから発見されるケースも多いです。

大腸がんのリスク要因

東洋医学的な見地から、大腸がんになりやすいタイプや生活習慣について考えてみたいと思います。まず、食品添加物や農薬の摂取、グルテンの摂取などが発がんリスクを高める要因となります。

東洋医学の視点

東洋医学では、五行説に基づいて体の各部位を分類します。木、火、土、金、水というエネルギーの流れを考え、これを人間の臓器に当てはめて考えます。

五行と臓器の対応

  • :肝臓(エネルギーを生む)
  • :心臓(エネルギーを使う)
  • :胃、膵臓、脾臓(エネルギーが溜まる)
  • :肺、大腸(白黒をつける)
  • :腎臓、膀胱(環境適用)

大腸の役割

大腸は消化されたものを水分と不要なものに分け、不要なものを便として排出します。これにより、白黒をつける役割を持っています。

大腸がんのタイプ

大腸がんになりやすい人の特徴として、エネルギーが強く、社会的な地位が高い人が多いです。例えば、管理職やリーダー格の人、強い正義感を持っている人などです。

便秘との関係

便秘は大腸がんのリスクを高める要因です。便秘の原因には食物繊維不足や水分不足、腸内細菌のバランスの悪化があります。便秘が続くと、腸内に老廃物が長く停滞し、発がんリスクが高まります。

食生活の影響

特に菓子パンや電子レンジでチンするタイプの食品、グルテンを多く含む食品の摂取が大腸がんのリスクを高めます。これらの食品は保存料や添加物が多く含まれているため、腸内環境を悪化させる要因となります。

まとめ

大腸がんを予防するためには、食生活の見直しが重要です。添加物や保存料が多い食品を避け、自然な食材を使った手作りの食事を心がけることが大切です。

関連記事

  1. 5. 食事にフィッシュオイルを加えて

  2. 自律神経失調症の不思議な病名と治療法

  3. 砂糖の代替甘味料

  4. 認知症やパーキンソン病に重大な影響を与える咀嚼回数の減少の問…

  5. 脳梗塞になる人、ならない人

  6. トランス脂肪酸や酸化した油

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。