脳梗塞になる人、ならない人

今回は「脳梗塞」についてお話しさせていただきます。

日本の三大疾病

現在、日本では三大疾病として「がん」「脳梗塞(脳卒中)」「心筋梗塞」が挙げられます。これらの疾患が死亡原因の約50%を占めており、2人に1人がこれらの病気で亡くなっているのが現状です。

脳梗塞とは

脳梗塞は脳の血管が詰まることによって起こる疾患です。脳血管の老化による動脈硬化が進行し、血管が狭くなることが原因で発生することが多いです。さらに、心臓が原因となる脳梗塞もあり、不整脈によって心臓内で血栓が形成され、それが脳に飛んで詰まることで発症します。

脳梗塞のリスク

脳梗塞のリスクは心筋梗塞に比べて3.5倍から4倍も高いとされています。脳の血管は心臓の冠動脈よりも多く、血栓が発生するリスクが高いためです。

東洋医学的な視点

東洋医学では、臓器にはそれぞれ感情が宿るとされています。例えば、小腸には恐怖や逃避の概念が、胃には怒りの概念が宿るとされます。心臓には道徳感や倫理感が宿り、これらが侵されると心臓が虚血状態になり、血流が悪くなることで心疾患を引き起こします。

脳梗塞の原因と感情

心臓が虚血状態になると、アドレナリンが分泌され、血管が収縮します。この状態が続くと脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。特に正義感や道徳感が強い人は、このリスクが高いです。

実例

あるプロデューサーが、違法駐車に対する怒りから脳梗塞を発症しました。彼は高血圧、高コレステロール血症、糖尿病といった健康状態であり、普段からロケ弁などの高カロリーな食事を摂っていました。入院後に食生活を改善し、健康を取り戻しましたが、植物性油の過剰摂取が問題だったとされています。

食事の影響

植物性の油、特に不飽和脂肪酸を多く摂取することが、脳梗塞のリスクを高めると考えられています。これらは体内でアルデヒドに変わり、血管内で問題を引き起こします。

まとめ

脳梗塞を予防するためには、植物性の油を控え、バランスの取れた食事を心がけることが重要です。また、正義感や道徳感が強すぎるとストレスが蓄積し、血管の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、心の健康にも注意が必要です。

関連記事

  1. 断食期間中と断食後の注意すべきヘルスケアに関して

  2. 亜鉛と免疫力の健康③

  3. 低タンパクの障害

  4. 呼吸の重要性

  5. LGBTとは何か?

  6. なぜ癌になるのか:胃がんについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。