メディアによる宣伝のせいで誤解が広がった?知覚過敏症の原因

今回は歯の知覚過敏症についてお話しします。

知覚過敏症とは

知覚過敏症とは、冷たいものを食べたり、氷を噛み砕いたり、空気を吸うだけで歯がしみる状態です。多くの方が経験することのあるこの症状ですが、治すためにはまず原因を知ることが大切です。

知覚過敏症の原因

1. 刺繍病

知覚過敏症の主な原因の1つは歯周病です。歯周病は細菌感染によって歯茎が下がり、歯根が露出することで知覚過敏が起こります。歯周病を防ぐためには、適切な口腔ケアが重要です。

2. オーバーブラッシング

過剰な力で歯を磨くことも知覚過敏の原因となります。特に男性に多いのが、力強く磨くことで歯茎が下がるケースです。正しいブラッシング方法を身につけることが大切です。

知覚過敏症の予防と治療

刺繍病の予防

  • 毎日の歯磨きとデンタルフロスの使用
  • 定期的な歯科検診
  • 適切な口腔ケア製品の使用

オーバーブラッシングの改善

  • 鏡を見ながら歯を磨く
  • 鉛筆持ちのような軽い握り方で歯ブラシを持つ
  • 力を入れすぎない

東洋医学的な観点からの知覚過敏症

東洋医学では、体質や性格も知覚過敏症に影響を与えると考えられています。骨の厚みや歯茎の厚みなどを基に、実証や虚証、熱証や寒証といった分類があります。これにより、その人の体質や症状に応じた治療法が導き出されます。

歯茎の分類と治療

メイナードの分類

歯茎の分類には、骨の厚みと歯茎の厚みがあります。以下の4つのタイプに分かれます。

  1. 骨が厚くて歯茎が厚い: 退縮しにくい
  2. 骨が薄くて歯茎が厚い: 比較的退縮しにくい
  3. 骨が厚くて歯茎が薄い: 退縮しやすい
  4. 骨が薄くて歯茎が薄い: 非常に退縮しやすい

歯茎の移植手術

歯茎が薄いタイプの人は、歯茎の移植手術を行うことで、知覚過敏症の予防が可能です。上顎から歯茎を移植し、歯茎の厚みを増すことで、知覚過敏のリスクを減らします。

デンタルフロスの使用方法

  1. ワックス付きとワックスなし:
    • ワックス付き: 修復物がある場合や、歯並びが悪い場合に適しています。
    • ワックスなし: 清掃効率が高いが、修復物がない場合に適しています。
  2. 使い方:
    • フロスを50cmほど取り、中指に巻き付けます。
    • 親指と人差し指で持ち、歯茎に優しく入れます。
    • 下から上にこすりながら清掃します。

まとめ

知覚過敏症の予防と治療には、適切な口腔ケアと正しいブラッシング方法が欠かせません。また、東洋医学的な視点からも、自分の体質を理解し、適切な対策を取ることが重要です。歯茎の状態をチェックし、必要に応じて専門的な治療を受けることをお勧めします。

終わりに

今回は知覚過敏症についてお話ししました。これからも健康な生活を送るために、正しい口腔ケアを心がけましょう。

関連記事

  1. 大腸がんについて

  2. 歯磨きに関する興味深い研究結果と議論

  3. 気象病とは

  4. 「イギリス、250万人を対象にビタミンDサプリを2021年1…

  5. 日本人の起源について

  6. 大規模洋上風力発電の問題について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。