腰痛治療で重要になてくる、大殿筋の可能性について

こんにちは、塩尻市で腰痛専門整体院古今

〜COCON〜の保科です。

今日も腰痛の治療に関しての情報を話して

いきます。

今日をお伝えするのは『大殿筋』の重要性です

なぜ大殿筋がそれほどまでに大切なのか説明します

もちろん、お尻につく大きな筋肉,筋肉実質の

長さも長いことは承知事実ですが

それに伴う、ほかの筋への影響力も

すごく絶大です。

例を挙げると

殿筋を介して脊柱起立筋とのつながりがあります。

これはアナトミートレインに代表される体の

バックラインに属する部分のことです。

結論をいうと殿筋を調整することで同時に

起立筋(背中の筋肉)も調整ができます

なので、腰痛治療の第一選択として大殿筋を

アプローチする重要性がよくわかります。

このように腰痛といって患部を診なくても、

治療効果を引き出せることができます。

筋膜のつながりについては、まだまだ複数

ありますので、さらに知識深めていきましょう。

自分の身体は自分でメンテナンスできるように

して、古今から卒業していってくださいね。

腰痛専門整体院 古今〜COCON〜

院長 保科渡

関連記事

  1. 近年、日本で増加傾向にある?脳血管型認知症の原因とは

  2. 「イギリス、250万人を対象にビタミンDサプリを2021年1…

  3. あなたは、本当はクサイと思われていないか?

  4. やはり日本人は昔から小麦は食べていない

  5. 体臭がキツくなる原因とは?

  6. 新型コロナウィルスと亜鉛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。