布ナプキンの驚くべきメリットと紙ナプキンの恐るべきリスク

布ナプキンと紙ナプキンの使用については議論がありますが、私も化学性のナプキンはできれば避けるべきだと考えます。

通常使われている紙ナプキンは石油精製物質でできており、これは経皮毒として女性器を通して子宮に吸収されます。経皮毒によって吸収された物質は、不妊症や子宮内膜症などの女性疾患を引き起こす可能性だけでなく、発がん性もあるとされています。

さらに、産中産後の状態や子供の体質や脳にも影響を及ぼす可能性が指摘されています。 経皮吸収率の一例を見ると、女性用品には注意が必要です。

足の裏では0.14、手のひらでは0.83、背中では1.7、頭皮では3.5、ほおでは13.0、そして性器ではなんと42.0の吸収率があると報告されています(田辺三菱製薬のHP参照)。

これが示すように、女性用品には十分な注意が必要です。

同様に、化粧品にも注意が必要です。 布ナプキンの使用によるメリットは、月経痛の緩和や経血の変化など様々なものがあります。

しかし、これらの情報を共有するためには女性同士のコミュニケーションが重要です。医師として言えるのは、現在のほとんどすべてのナプキンが石油精製物質であり、毒性物質であり、内分泌かく乱物質であるということです。

特に女性的な不調がある場合は、これらの使用を見直すだけで大きな違いを感じることができるかもしれません。 現代は毒物が溢れる社会ですが、逆に使いやすい布ナプキンが手に入りやすい時代になりました。

今では、高分子吸収材を使用しない、天然コットンだけで作られたナプキンも販売しています。健康であるためには高額な治療ではなく、ちょっとした苦労と工夫がポイントです。

探す時間と手間をかけて安く済ませるのか、時間がないから高額で短時間の治療を行うのか少し考える必要があります。

関連記事

  1. 日本人は、やはり小麦を食べていなかった‼『人民常食種類比例』…

  2. 塩尻初。慢性腰痛専門店OPEN

  3. 小麦問題についての科学的・歴史的分析

  4. 痛みや痺れの場所が変わっていく人いませんか?

  5. 生きる目的と魂の成長

  6. 便秘になるのか?のメカニズム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。