モンサント帝国の野菜支配:食の安全性を脅かす闇の陰謀

モンサント社の野菜種子が日本の市販野菜のほとんどを占めている現状について知っていますか?

これらの野菜は、F1雄性不稔種と呼ばれる遺伝子組み換え種であり、除草剤ラウンドアップに耐性を持つように開発されています。

しかし、ラウンドアップを撒くと同時に他の遺伝子組み換えでない作物も育たず、結果的に遺伝子組み換え種だけが繁茂することになります。

モンサント社はアメリカの多国籍バイオ化学企業であり、かつては枯れ葉剤や農薬、牛成長ホルモンなどを製造販売していました。

枯れ葉剤の被害はベトナム戦争で明らかになり、その影響は『ベトちゃん・ドクちゃん』として知られる結合双生児にも及びました。また、ハーバード大学の研究によれば、ベトナムでの散布地域では異常児の出産が増加していたことが明らかになりました。

モンサント社はビジネス戦略として、世界の食料供給を支配することを目指しており、さらには水の支配にも着手していると言われています。

そのためには手段を選ばず、世界中で訴訟を起こすなどの悪辣な手口を用いています。報道によれば、2013年初頭だけでも446件の訴訟を提起していたといいます。

このような行為に対して、モンサント社に批判的な団体は世界中に数多く存在しています。特にEUでは、遺伝子組み換え作物の承認申請を撤回し、モンサント社を閉め出しました。

日本でも、人工的に交配した野菜の危険性を指摘する団体があります。

私も、自然農で育った在来種の野菜を選ぶよう心がけています。ただし、在来種を扱っている種屋はごくわずかで、ほとんどの種屋はモンサント社に影響を受けてしまっています。

モンサント社には徹底的にNOを突きつける必要があります。私たちは自分たちの食べ物と環境の安全を守るために、モンサント社の行動に対して声を上げるべきです。

在来種を育てる農家や種屋を支援し、自然な食品供給の重要性を広めることが必要です。モンサント社の支配から抜け出し、持続可能な食料システムを築くために、私たち一人一人の行動が求められています。

関連記事

  1. 次亜塩素酸について

  2. 倦怠感と銀歯

  3. 医療・医者とは何か?

  4. 病院がない方が国民は長生きできるのか

  5. あなたは、本当はクサイと思われていないか?

  6. 身体を守る入浴法!水道水のリスクと対策方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。