【予防接種の真実】任意接種の歴史から考える

予防接種の任意性について、知らない人がまだ多いので、こちらで詳しく紹介します。実は、予防接種が任意になった経緯には興味深い歴史があります。

1947年、日本ではGHQの指導の下、予防接種法が制定されました。当時、接種は強制されましたが、万一事故が起こった場合でも保証されないというイエローモンキー奴隷制度の一環として法律が作られたのです。その後、有名なジフテリアの予防接種被害などが発生しましたが、国はこれを隠蔽し、接種事故は公表されませんでした。1970年になってようやく救済制度が始まりましたが、ほとんど機能しなかったと言われています。

しかし、1994年に変化が訪れました。前橋スタディを代表とする大規模なデータと、ワクチンに関する裁判の結果により、予防接種法には個人の任意接種を促すこと、ワクチンの正確な情報提供、そして健康被害の迅速な救済が明記されました。

ところが現在、小児科医や看護士、保健士、児童相談所職員など、悪質なロビー活動の影響を受けた人々が、任意であるべきワクチンを強制的に推奨しているのが問題です。彼らの最大の動機は、自分たちの利益確保であり、子どもたちを生け贄にする意図もあるのです。

法律上、学校においても予防接種は強制ではありませんし、あらゆるワクチン施策は保健所を中心に展開されています。真弓医師は大学病院、保健所、教育委員会を悪の元凶と指摘しており、彼らが多国籍企業の手先になっているのは明らかです。なぜ集団接種が廃止されて個別接種になったのか、この歴史を押さえていない限り、子どもたちを医猟被害や医原病から守ることはできません。実際、ワクチンは自閉症や知的障害、アレルギー、膠原病、難病を引き起こすことがありますし、感染症の増加をもたらすデータも山ほど存在しています。

定期接種は予防接種法によって定められた公費負担のワクチンですが、それでも任意です。しかし、強制のように吹聴されていることもあります。ポリオ、DDT、麻疹、風疹、MR、日本脳炎、BCGなど、いくつかの種類があります。一方、任意接種は自己負担で受けるワクチンであり、中には公費負担のものもあります。水ぼうそう、おたふくかぜ、B型肝炎、インフルエンザ、ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がんなど、多くのワクチンがあります。

関連記事

  1. 放射能の脅威:医学的視点から考える放射線の影響と健康リスク

  2. 牛乳の骨強化効果は錯覚?牛乳の有害性についての新たな視点

  3. 呼吸の重要性

  4. 小麦と統合失調症

  5. モンサント帝国の野菜支配:食の安全性を脅かす闇の陰謀

  6. 口臭と免疫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。