身体を守る入浴法!水道水のリスクと対策方法

日本の水道水は塩素消毒されているため、感染症のリスクは減少しました。しかし、その一方で新たな病気の源となっていることがわかっています。それが現代病やアレルギー、動脈硬化性疾患です😱

アメリカでは古くから塩素と動脈硬化の関係が指摘され、アテローム性動脈硬化による心臓発作や脳血管障害の原因となる可能性があるとされています。現代病を予防するためには、食事だけでなく、身の回りの社会毒からも身を守る努力が必要です💪

水道水には塩素や放射能だけでなく、アルミニウムや鉛、錆止め塗料なども含まれています。例えば、有害なMDA(メチレンジアニリン)は発がん物質であり、最近の水道管の劣化により混入していることが明らかになりました😨

幸いなことに、浄水器を使用することで簡単にリスクを軽減できます。高価な浄水器でなくても、塩素やアルミニウム、鉛を除去できるものであれば効果があります。浄水器メーカーが健康効果を謳っているのも間違いではありません。

まずは台所と洗面器の水道、そしてシャワーノズルに浄水器を取り付けましょう。もし経済的に難しい場合は、ビタミンCを風呂のお湯に入れたり、無農薬のみかんの皮やゆず、枇杷の葉を利用したりすることも効果的です。重曹や天然塩を風呂に入れることも毒の中和に役立ちます。

また、備長炭も有害ミネラルの吸着効果が期待できる素材です。ホームセンターで手に入るお風呂用の備長炭を利用するのもおすすめです。

自分の身を守るために、少し節約しながら社会毒を避ける努力をしてみましょう💧✨

関連記事

  1. 「農薬は洗えば落ちる」は本当か?

  2. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  3. 3. 家庭内の毒素蓄積を防止

  4. 社会毒をもう一度振り返る ― 健康への影響と未来への課題

  5. 砂糖の代替甘味料

  6. 未来への脅威:放射能汚染と子ども世代の未来

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。