日本の病 – 医療制度の問題について

今日は日本が抱える最も大きな問題についてお話しします。これは貿易赤字や財政問題、金融問題、為替の問題、政治制度の問題とは異なり、ほとんどの人が認識していない問題です。それは医療費と医療制度の問題です。

医療費の増加

現在、日本の一般会計は110兆円規模に達しています。その中で、医療費は約37兆円も占めています。これは国防費(約6兆円)や教育費(約5-6兆円)を遥かに超える金額です。では、なぜこんなに医療費が増加しているのでしょうか?

多くの人が日本の高齢化と少子化が原因だと考えていますが、果たしてそれだけでしょうか?実際には、医療費の問題はもっと深刻です。私たちは保険料を支払っていますが、その保険料では医療費を賄うことができず、一般会計からも多額の資金が投入されています。

保険料と医療費の関係

昔は月に数千円だった保険料が、今では数万円に増えています。それでも保険料では医療費を賄うことができません。例えば、高額なガン治療薬や重粒子線治療などの費用は非常に高額で、その多くが税金で賄われています。高額療養費制度によって患者が支払う金額は限定されていますが、残りの費用は国と地方自治体が負担しています。

医療費の持続可能性

このようにして、医療費が膨れ上がり、国家財政を圧迫しています。1983年頃には医療費は6.5兆円程度だったのが、今ではその数倍に増えています。これは、がんや糖尿病などの患者数が増加し、その治療費が嵩んでいるためです。

病気の原因と予防

重要なのは、病気の原因を除去し、予防することです。現在の医療制度は、病気が発生した後に対処する「対症療法」が主流であり、これが医療費の増加を招いています。病気の予防や原因除去に注力することで、医療費を削減し、持続可能な医療制度を実現することができます。

結論

日本の医療費問題は、国家財政の大きな負担となっています。医療費を削減するためには、病気の原因を究明し、予防することが重要です。これによって、将来的には医療費の削減が可能となり、国家財政の健全化が図れるでしょう。病気も同じです。なぜその病気になったのかを理解し、それを除去することで、病気を未然に防ぐことができます。

国家も政治も、同じ考え方で改善できます。上医の発想で国を見直し、病気の原因を解決することで、日本は必ず良くなると私は信じています。

関連記事

  1. 西洋医学の本質と誤解―対症療法の限界と真の健康への道―

  2. 脳梗塞になる人、ならない人

  3. 身体を守る入浴法!水道水のリスクと対策方法

  4. 食に関するよくある質問について

  5. ガソリンが高い、、、

  6. 40代女性でも発症する!?アルツハイマー病の原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。