なぜ膵臓癌が増えているのか?

今回は「なぜ膵臓癌が増えているのか」というテーマでお話しします。戦後、癌の発生率が上がっていますが、その中でも水道癌、直腸癌、子宮頸癌、乳癌、前立腺癌などが特に増えています。今回はその中でも膵臓癌について東洋医学の視点から考察してみたいと思います。

水道の役割と構造

まず、膵臓とは何かについて説明します。膵臓は、インシュリンなどのホルモンを分泌する内分泌機能と、消化酵素を分泌する外分泌機能を持つ臓器です。膵臓の頭部では消化酵素を分泌し、尻尾の部分ではホルモンを分泌しています。

インシュリンの役割

インシュリンは血糖値を下げるホルモンです。血糖値が上がりすぎると体に悪影響を及ぼすため、インシュリンが分泌されて血糖値を正常に保ちます。しかし、現代人の食生活ではインシュリンの分泌が過剰になることがあります。特に甘いものを頻繁に摂取することが問題です。

よく噛まない食事

よく噛まないで食事を摂ると、炭水化物が口の中で十分に分解されず、そのまま胃に入ってしまいます。これにより、膵臓から大量の消化酵素が分泌される必要があり、膵臓に負担がかかります。

甘いものの影響

東洋医学では、膵臓は「土」に対応し、甘いものに弱いとされています。甘いものを多く摂取することで、膵臓に過剰な負担がかかり、結果として膵臓癌のリスクが高まります。

食用油の影響

戦後、日本人の食生活に大きな変化がありました。その一つが食用油の大量摂取です。統計によると、1960年から2015年までの間に、日本人の食用油摂取量は38倍に増加しています。揚げ物や炒め物の多い食生活が膵臓に負担をかける原因の一つです。

東洋医学的な視点

東洋医学では、膵臓が「土」に対応するため、甘やかされることや嫉妬が膵臓の働きに影響を与えるとされています。例えば、自営業者や創業経営者など、嫉妬される立場の人が膵臓癌になりやすいとされています。また、甘やかされる生活を送っている人もリスクが高いです。

まとめ

水道癌のリスクを減らすためには、以下の点に注意が必要です:

  • 甘いものの摂取を控える
  • よく噛んで食べる
  • 食用油の摂取を控える
  • ストレス管理を行う

今回は、膵臓癌について東洋医学の視点から考察しました。ご参考にしていただければ幸いです。

関連記事

  1. 食事の意味 ― 栄養以上の豊かさを求めて

  2. 尿意が増す理由も解説!なぜ、膀胱がんになる?

  3. 断食を行うことで、肌のバリア機能と保湿に影響がでる

  4. 2. 洗浄剤

  5. 日本の病 – 医療制度の問題について

  6. 古い栄養学は必要ない!「5大栄養素」の教育が病人を作ってきた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。