放射能対策に効果的な自然食品と方法論:ケイ素やハーブの可能性

福島原発事故以降、放射能対策は国家的なレベルで十分に検討されず、科学的根拠に乏しいままであるという問題があります。

しかし、いくつかの可能性やチェルノブイリでの研究に基づいた方法論が存在するため、それを紹介したいと思います。また、アメリカ軍の研究結果も参考にしたいと考えています。

ただし、紹介するアイテムにはネットワークビジネスの商品に含まれるものもあるため、ネットワークビジネスの問題を理解した上で使用することが望ましいです。

当院の栄養指導でも完全自然農の味噌、醤油、麹、ごま塩、玄米(古来種)、ケイ素、ブルーグリーンアルジー、アロエベラ、キッズカーボン、低温サウナなどをお伝えする事が多いです。

放射能は数年後に病気を増加させることが知られており、汚染地域の子供たちが防御策をとらない場合、その子供たちの子孫は多くの病気や障害を抱える可能性があります。

しかし、多くの親たちはこの問題に興味を持っていない現状があります。病気になってから対策をするのは遅すぎると言えるでしょう。

さらに、防御策を安価に実施する方法もあります。

まず、微生物の摂取(発酵食品)が挙げられます。日本の発酵食品も同様の効果が期待されるため、料理に工夫して取り入れていただきたいです。EM菌や乳酸菌の利用法についても紹介しました。また、ビール酵母にも外部被曝に対する効果があるという論文が報告されています。

ケイ素は非常に興味深いミネラルであり、放射能を減弱する効果が指摘されています。ケイ素はシリカとも呼ばれ、市販のミネラル剤としても利用されています。また、シリカ摂取によって尿中のセシウム濃度が減少したという事例も報告されています。

スギナ茶はケイ素の摂取に近い効果があり、ミネラルバランスを整える解毒剤としても知られています。ただし、スギナは土壌汚染によって影響を受けるため、産地の選定が重要です。スギナは農家の雑草として嫌われていますが、自然界には必要な存在とも言えるでしょう。茎や葉を日干しにして利用することが一般的です。 活性炭は腸内からの除去を主な目的とする解毒方法であり、キッズカーボンなどが代表的な商品です。放射性物質や添加物、農薬などを吸着し、便と一緒に排出してくれる効果があります。

スピルリナやブルーグリーンアルジーは、チェルノブイリ事故や核実験後の被曝対策に使用された記録があります。ブルーグリーンアルジーは藍藻類の一種であり、活性酸素吸収能力が非常に高いとされています。 アロエベラも放射能対策に効果があることがわかってきており、特にキダチアロエが使用されます。アロエベラは古くから薬草として利用されており、放射線によるやけどの修復にも効果があると報告されています。

他にも多くの薬草やハーブが放射能防護作用を持つと言われています。カッコウアザミ、アマランサス、ターメリック、エゾウコギ、ペパーミント、朝鮮人参、ショウガなどがその例です。これらの植物は豊富なミネラルや活性酸素に対する防御効果を持っているため、放射能対策に役立つ可能性があります。

また、ビタミンCも放射線障害に対して事前摂取することが有効であるとされています。これは活性酸素に対する抗酸化作用が関与していると考えられています。

最後に、米軍の研究所が認めた重曹と天然塩のデトックス風呂や低温サウナも放射性物質の排出に効果があると報告されています。これらの方法は汗を通じて脂溶性毒やミネラル、放射性物質を体外に排出することができます。

関連記事

  1. 食品添加物の闇と驚愕の現実

  2. 果糖について

  3. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  4. アマビエ

  5. 砂糖は影響力が大きい?

  6. 甘いものの暗い真実:子どもへの与え方が将来を左右する?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。