次亜塩素酸について

新型コロナ対策でアルコール消毒をされている方が多いと思います。

販売店では連日品薄状態

代替策として、次亜塩素酸を希釈したものを使用するという方法があります。

こちらに関していくつか注意点があります。

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水

「次亜塩素酸ナトリウム」と似たもので「次亜塩素酸水」があります。
「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」は同じような名前で、両者とも漂白・殺菌・抗菌効果があるので、よく混同されるのですが、実はまったく違う性質をもっているものです。

次亜塩素酸ナトリウム(ソーダ)

次亜塩素酸ナトリウムは、強アルカリ性を示し、家庭用に販売されている液体の塩素系漂白剤、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳瓶の殺菌用など)に使われています。使用するときにゴム手袋をしたり、他の製品と混ぜないように注意書きがあるように、誤った使い方をすると非常に危険な場合があり、取り扱いには注意が必要です。

代表的なものでは、みなさんご存知の“キッチンハイター”

これは次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)、界面活性剤(アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)、水酸化ナトリウム(アルカリ剤)から作られています。緑色のボトルにピンクのキャップ、どこのお宅の台所にも必ずあるのではないでしょうか?
つけ置きするだけで、すみずみまで除菌・漂白・消臭ができる台所用漂白剤(塩素系)です。食器だけでなくふきん、スポンジ、そしてまな板まですっきり漂白&除菌してくれますよね。

これだけ強力な効果があるので、希釈したものであっても

直接手指消毒にを行うには個人的にはお勧めいたしません。

試用してみるとわかりますが、手の表皮組織が痛みます。

表皮組織が痛むと、皮膚を介して外界からアレルゲン等の侵入を許してしまいます。

細菌から身を守るために、手指消毒を行うのに本末転倒ですよね。

次亜塩素酸水(電解水)

厚生労働省は以下のように定義しています。~次亜塩素酸水とは、次亜塩素酸に塩酸または食塩水を電気分解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする強酸性の水溶液である。~

どちらも強い殺菌力がありますが次亜塩素酸水の殺菌力は次亜塩素酸の存在比率が高いため、次亜塩素酸ナトリウムよりも高い殺菌活性を示します。
どちらも「食品添加物」に指定されていますが、前者(次亜塩素酸ナトリウム)は使用するときにゴム手袋をしたり、他の製品と混ぜないように注意書きがあるように、誤った使い方をすると非常に危険な場合があり、取り扱いには注意が必要です。

次亜塩素酸水は安全か?

では、次亜塩素酸水の方が安全なのでしょうか?

上記の表比較では、次亜塩素酸水の方が「手荒れ」、「環境負担」、「トリハロメタン」の項目では優秀と言えます。

トリハロメタンは非常に強力な発ガン性物質です。

次亜塩素酸水は弱酸性ということもあり、なんとなく皮膚にも優しそうですね。

しかし、殺菌作用のあるものを安全と言い切ることはできません。

「次亜塩素散水は食品添加物として国も許容しているから安全だ!飲んでも大丈夫だ!」

との意見もありますが、基本的に日本の添加物の規制は海外に比べ圧倒的に緩いので、すべてが安全とは言えません。認可されているから安全と他人任せにするのではなく、自分で調べましょう。

次亜塩素酸水は飲める?

次亜塩素酸水は、食品添加部物に使われるほどだから安全、口腔内の嗽にも使える‥‥

と言う話があります。

結論から言うと、飲めません。

単純に考えて、生物はあらゆる細菌と共生関係にあり、健康を維持しています。つまり共生関係にある細菌も殺菌してしまう強力な薬品を安全と言い切ることはできないのです。

日本でも下記のように定められています。

日本では食品、添加物等の規格基準(昭和 34 年 12 月厚生省告示 370 号)において、「次亜塩素酸水は、最終食品の完成前に除去しなければならない」等の使用基準及び成分規格が定められています。

つまり、口に入れる前段階で、完全に除去されていなければならず、直接口に入れて良い物ではありません。

次亜塩素酸水で手指消毒を行うのは、コロナ対策でも有効です。

しかし、アルコール消毒と異なり

次亜塩素酸水で消毒した手指で口周りや顔周り、食事を行うことはおススメできません。

次亜塩素酸水は、変性・劣化しやすい特徴があります。

そのため、手指消毒を行った後に、流水で簡単に洗い流せることができます。

気になる方は、手洗いも併用しましょう。

まとめ

まずは、日ごろから細菌やウィルスに負けない、免疫を確立していることが重要です。

睡眠、運動、栄養を真摯に考えること大切です。

パンデミックだと今更慌てて、あおさを食べたり、マスクを購入しても効果は期待できませんよね。

COCONでは、日常の睡眠・運動・栄養に関してのご相談にもお答えできます。

ご興味のある方は、ご連絡ください。

関連記事

  1. 呼吸の重要性

  2. 倦怠感と銀歯

  3. 先住民に学ぶ

  4. 正しい歯科予防

  5. インフルエンザ②

  6. 砂糖の弊害は嘘じゃない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。