日本整形外科学会公認の腰痛の原因ランキングベスト3

日本整形外科学会公認・腰痛診療ガイドライン2019より引用

日本整形外科学会と日本腰痛学会が合同で出版した、腰痛診療ガイドライン2019で、腰痛の原因が発表されました。


今までは、全体の15%の腰痛しか病院では治療できず、残りの85%は原因不明の腰痛(非特異的腰痛)として、ほとんどの腰痛は病院では原因不明と、2012年発行の腰痛診療ガイドラインで記述されていました。


つまり、85%の腰痛はレントゲンをとっても原因が分からず、「とりあえず薬とシップ」を処方されていたのが現状でした。
しかし、2019年にアップロードされた腰痛診療ガイドラインでは、この原因を明確に公表しています。


さて、日本整形外科学会が発表した「腰痛の原因」はなんでしょう? 


日本整形外科学会が発表した内容は、意外なものです…


椎間関節性 22%

筋・筋膜性 18%

椎間板性 13%

狭窄症 11%

椎間板ヘルニア 7%

仙腸関節性 6%

これを見て、気が付きますでしょうか?
一般的によく言われる、病院で「手術療法」の対象となるものが、3位の椎間板性、4位の狭窄症、5位のヘルニアによるもので、全てを足しても31%程度。全体の3人に1人ほどしかいません。

診断不明(原因不明) 22%


逆に、私たち治療家が「徒手療法」の対象となるのが、1位の椎間関節性、2位の筋・筋膜性によるもので、この2つだけで全体の40%を占めています。
またその他にも仙腸関節性、原因不明と言われる非特異的腰痛も含めると、全体の68%を占め、3人に2人は徒手療法で対応できる可能性があるということです。

もちろん、病院でできる治療もたくさんあるし、手術でしか改善しない腰痛があるのも、理学療法士として理解していますが各々の住み分けは大事です。

筋膜だけ。関節だけ。という治療手技はもう古いと言われています。
リハビリ最先端のアメリカで、今主流の治療は、世界的に腰痛治療に一番効果があると言われる「運動療法」です。ちなみに、日本整形外科学会も「手術より効果的」と公表しています。


日本の腰痛治療は、アメリカの10年は遅れている。これから先、どんどんこの運動療法が広まっていくことは言うまでもありません。
あなたの今受けている治療は、どうですか?

医療の進化についていけていますか?
周りの治療家が、ほとんど知らない「運動療法」と「徒手療法」を足した、最先端の治療テクニックを腰痛専門整体院 古今〜COCON〜で試してみませんか?

関連記事

  1. 腰痛の治療で大切なこと『アウトフレア』ってなあに?

  2. 大腰筋の正しい触診

  3. 腰痛と大腰筋

  4. 腰痛治療で重要になてくる、大殿筋の可能性について

  5. 信じられないほど結果の出る、驚愕の圧迫骨折の治療法とは?

  6. 腰痛と大腰筋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。