甘いものの暗い真実:子どもへの与え方が将来を左右する?

子どもに甘いものを与えることは、親にとって最も難しい課題の一つであり、また最も洗脳されている行動かもしれません。

甘いものを与えないということは、砂糖や甘味料の健康への悪影響を意味するだけでなく、その結果として甘えたり、いい加減な大人になる可能性を示唆しています。

砂糖は、食品の中でも最も強力な毒の一つであり、人間の体は本来、直接砂糖を摂取することには適していません。

糖は糖化を促進し、活性酸素や過酸化物を生み出し、さらに糖化が進むと体内で糖化最終生成物(AGE)が生成され、さまざまな有害な影響を引き起こします。

糖分はさまざまな病気を引き起こす可能性があり、その甘さゆえに多くの人々が病気になってきたと言えます。

16世紀の砂糖は、金と同等の価値を持つ非常に貴重な品でしたが、その依存性も同様に強かったのかもしれません。

西洋の貴族は砂糖好きであったため、虫歯だらけであったと言われています。

また、子どもが精神的に問題を抱える原因の一つとして、砂糖や甘いものを与え続けることが挙げられます。

白砂糖はミネラルがほとんど含まれておらず、体内のミネラル、特にカルシウムやビタミンなどを使ってしまいます。実際にはすべての糖を制限する必要があります。三温糖、黒砂糖、てんさい糖なども同様です。

最近、さらに問題視されているのが「異性化糖」または「異性化液糖」です。異性化糖は、科学的に無理やり作り出されたブドウ糖や果糖のことを指し、商品の中には高フルクトース・コーン・シロップ(HFCS)として含まれているものがほとんどです。

異性化糖には別の問題も存在し、それはほとんどが遺伝子組み換えのトウモロコシを原料として製造されていることです。このようなビジネスのあり方には、深い構造的な理由があるようです。

アメリカの研究によれば、砂糖摂取を減らしたグループと普通の食事を摂っているグループを比較した結果、砂糖摂取を減らしたグループは反社会的行動が46%減少したと報告されています。特に暴力行為は82%減少し、盗みも77%減少しました。多くの学者が砂糖の依存性や害について述べてきましたが、現在はビジネスの優先性のためにそれらが忘れられている状況です。

親たちは自身の選択が子どもの健康と将来にどのような影響を与えるのかを考える必要があります。

関連記事

  1. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  2. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  3. 三つ子の魂百まで

  4. 先住民に学ぶ

  5. チメロサールと水銀

  6. 9割の人が間違えている!入浴の意味について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。