先住民に学ぶ


先住民とは

ある土地に元来住みついている人間集団のことである。とくに、外来の侵略者や植民者から区別して呼ぶ場合に用いられます。

有名なインディアンはアメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)の一般的な呼称です。

彼らの考え方は古き良き日本人に通ずるところがあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は インディアン.jpg です

インディアンの考え方

現代医療においても、身体的・精神的に先住民に学ぶことが多くあります。

例えばチェロキーインディアンには「マイ」という言葉がないそうです。

「私の食べ物」「私の家」「私の土地」という発想は、チェロキーインディアンにはありません。

そうではなく彼らの発想は「私たちみんなの食べ物」「私たちみんなの家」「私たちみんなの土地」ということになります。

私たちという考え方なので、インディアンはそこに住む全ての生き物、虫や動物や木や草や花にも、何かするときは許可をとる必要があると考えます。

また、彼らは有名な言葉として「七代先の子孫を考えて決定する」と言います。

次世代、三世代先ではなく七代先ということに意味があります。

「私たちが、今ここに居られるのは七代前の先祖が子孫のことを考え、水を、土地を、空気を、森を、山を、緑を、動物を、魚を、守ってきてくれたから・・・。」と考えるのだと主張します。

現在の日本人はこの思想を持っているとは言えますでしょうか?。

放射能、偽の愛国者、多人種への差別心、農薬は山ほど散布し化学物質にあふれ、遺伝子組み換えは輸入しまくり、農薬・電磁波も世界一のレベルであり、経済は落ちぶれる一方で先のことは考えず、年金だ生活保護だ健康保険だと、すべて子どもたちに借金を背負わせることになります。

日本は昭和に二十年までは「山紫水明の国」であり、海、山、森、川と自然に恵まれ子どもたちは自由さにあふれ、毒を撒くでもなく共存共栄の考え方がまだ息づいていました。

もちろん軍国主義や別の問題は存在していたかもしれませんが、家族を大事にしたり富よりも名誉を考えたり、子孫のことを考えたりする土壌があったのです。

七代先の子孫を考えて、何か行動はしていますでしょうか。

あなた自身は健康になって何を成し遂げたいのでしょうか。

あなたが死ぬときに、本当に心の底からあなたの家族や周囲の人が、泣いてくれるような人生を送っているでしょうか。

地球にあるものみなに目的があるように、あなたは死ぬまでに果たすべき目的を持っているでしょうか。

あらゆる垣根を飛び越えてあらゆる人種とあらゆる生物のため、働いているでしょうか。

あなたは子どもとの約束を破ってはいないでしょうか。

自分との誓いを破ってはいないでしょうか。

まずは、あなた自身が健康になる事、我々のような医療機関に依存しないこと。

そして、子供たちに負債を与えない形で、予防医療に関心をもつことが大切です。

COCONでは、このような考え方で医療保険・介護保険を利用しない「自費」という形でサービスを提供させて頂きます。

ご興味のある方はご連絡ください。

関連記事

  1. 経皮毒

  2. マグネシウム不足

  3. 自粛とお菓子づくり

  4. アマビエ

  5. ハーブとは?

  6. 新型コロナウイルスについて①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。