2.そもそもPCR検査は信用できるのか?

2. そもそもPCR検査は信用できるのか?

f:id:bolienda:20200811002040j:plain


コロナですっかりお馴染みとなったPCR検査ですが、実は世界中で検査の問題点が指摘されていることはご存知ですか?

PCR検査の3つの問題点

f:id:bolienda:20200811020539j:plain
ノーベル化学賞を受賞するキャリー・マリス博士(左)

PCR法は米国のキャリー・マリス博士によって発明され、この功績を讃えて1993年にノーベル化学賞が授与されました。

PCR法はその発明者自身が「感染症検査の目的に使用してはいけない」と警告していたと言われますが、キャリー博士はコロナ騒動直前の2019年8月に自宅で死亡し、博士の意向も虚しく、今世界中でPCR検査が使用されてしまっています。

f:id:bolienda:20200811020542j:plain

実際にPCR検査には大きく3つの問題点があります。

【問題1】新型コロナウイルス以外も「陽性」に

f:id:bolienda:20200717023313j:plain

PCR法とは遺伝子配列を可視化するためにDNAを数百万から数億倍に複製する技術です。ウイルスそのものを検出するのではなく、サンプル中に新型コロナウイルスの遺伝子配列があるかを見て、ウイルスの存在を間接的に判断するという方法です。

検査ではサンプルに含まれる他のDNAも増幅されたり、サイクル数の増減でも結果が変わるため、残念ながら特異的に新型コロナウイルスだけを判別するものではありません。

実際にアメリカ企業のPCR検査キットには、インフルエンザ、マイコプラズマ、アデノウイルス、RSウイルス、クラミジア等に反応する可能性が記載されています。

またタンザニアでは、マグフリ大統領が国立研究所の検体に自動車燃料などを密かに混ぜたところ、パパイヤ、ヤギ、ウズラの卵でも陽性反応が出たことも報じられています。

【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない

そもそも「感染」とは「微生物が生体内に侵入し、定着・増殖した寄生の状態」を言います。

粘膜等にウイルスが付着しているだけでは感染とは言いません。

例えばインフルエンザでは数十万個以上ウイルスが増殖して初めて「感染」と診断されます。 

口の中に菌がいるだけでは虫歯ではなく、歯に穴が開き象牙質や神経まで菌が増殖して初めて虫歯(感染)となるのと似ています。

PCRは遺伝子を数億倍に増幅するため、実際には数個のウイルスが付着しているだけの健康な人も「陽性」になります。その「陽性」を「感染」という言葉で報道するため、実態のない感染爆発の印象が先行しています。ウイルス付着を感染と言うのなら、全人類が感染者になりかねません。

実際に検査キットにも以下のような注意喚起事項が記載されています。

“it should not be used as the only evidence for clinical diagnosis and treatment” “The detection results should not be directly used as the evidence for clinical diagnosis”

PCR検査の陽性結果だけをもって新型コロナウイルス感染症と診断してはいけないし、まして治療の根拠としてはいけない。

【問題3】遺伝子配列は立証されていない

また専門家からは、そもそも中国論文(Nature579.265)による新型コロナウイルスの遺伝子特定の立証が不十分であり、全く関係のない常在性ウイルスを検出している可能性も指摘されています。

根拠として、中国論文はウイルスの存在証明に必要な「分離」をせず混合物の状態で遺伝子配列を特定しているため、新型コロナウイルス”単体”の遺伝子配列を立証していないことが挙げられています。論文分析は深い話になるので、興味のある方は生物免疫学名誉教授の大橋眞先生やアンドリュー・カウフマン博士のyoutube動画をご覧ください。 

日本では6月、問題点を危惧した生物免疫学の先生が厚生労働省で記者会見をされましたが、本日まで、政府が検討することもメディアが私達に知らせることもありません。このような問題をどう考えますか? 

だから報道される感染者数は怖くない

f:id:bolienda:20200722200941j:plain

すでにお気づきかと思いますが、報道される感染者数とは問題の多いPCR検査の陽性者」に過ぎないということです。蓋を開ければ大多数が無症状なのも、健康な人が「陽性」になっているだけだからです。

つまり、PCR検査を増やせば実態のない感染者(健康な陽性者)が増え、クラスター騒ぎがいくらでも起こります。逆を言えば、PCR検査を止めない限り永久にコロナ騒動が終わらないことになります。

小池百合子都知事PCR検査をどんどん増やしているため、あたかも東京で感染爆発が起きているような印象付けがされています。そして飲食店を狙い撃ちするような施策や、他県民を嫌煙する国内感情の形成が加速しています。

f:id:bolienda:20200729171215j:plain

※実際に検査数はこれだけ増えています↓

f:id:bolienda:20200726061642j:plain

関連記事

  1. 10. 元の生活を取り戻すために

  2. 1. 日本はコロナを怖がりすぎ?

  3. 8. 自粛はスーパーシティへの布石?

  4. 5. 世界のワクチンを作っている人物

  5. レムデシビルなど4薬効果なし

  6. 3. 海外はコロナでたくさん死んでる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。