自粛とお菓子づくり

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1190525_m-1024x683.jpg

外出自粛により、自宅の中にいる機会が増えました。

時間もあるし、少し手の込んだ料理でもいつくろうかな…

考える方も多いと思います。

お子さんがおられる方は、お菓子つくりを親子で楽しむ方も増えていると聞きます。

お菓子つくりと言えば

乳製品を多用しますよね。

そこで、

知っている人は当たり前のように知っている…

知らない人は衝撃的な論文のご紹介です。

久しぶりに、乳製品(特に牛乳)の摂取に関する、最新論文が発表されていました。

Int J Epidemiol. 25 Feb 2020,dyaa007, “Dairy, soy, and risk of breast cancer: those confounded milks”

『牛乳の飲用で乳がん発症率が最大80%増加』(北米の最新報告より)

もともとガン経験のない平均年齢57歳の北米人女性52,795人の、7.9年間追跡研究では…

・1日あたり1/4~1/3杯の乳製品を摂取すると、乳がんリスクが30%増加した。

・1日あたり1杯では、乳がんリスクが50%増加した。

・さらに1日2~3杯飲むと、乳がんリスクは70〜80%まで増加した。

また、全脂肪乳でも低脂肪乳でも同様の結果が得られた。

この背景には、一般に搾乳する乳牛の約75%が妊娠牛のため、乳製品における性ホルモン(エストロゲン)の残留が原因である可能性がある、と研究者は述べています。

さらに、乳製品に含まれるIGF-1(インスリン様成長因子-1)も影響しているとのこと。

今までに、牛乳と乳がん発症の相関は、関連するデータや、関連していないというデータもあり、賛否が分かれますが、

今回の最新発表では、久しぶりに物議を醸すことになるでしょう。

関連記事

  1. 鉄欠乏女子(テケジョ)と胃部不快(機能性ディスペプシア)

  2. 5Gとコロナウィルス

  3. 砂糖の弊害は嘘じゃない

  4. 小峰式予防歯科プログラム

  5. 倦怠感と銀歯

  6. ハーブとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。